今週のPickup!


【IA】ちゃんとした生き方ってどんなだろう/ヘルニア

| | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

超歌舞伎

先日eテレで超歌舞伎をやってたので視聴。
いやニコ動でTSでも見れるんだが、どうせならまずTVで見るかと。

いやぁ、あれは凄いわ。
クリエイターの本気、
『電話屋』の本気。

すごいっすなぁ。
でも、ラメントをモチーフにしたんなら、もっとテトさん出して欲しかった。

あと、何気に初歌舞伎。
はー、歌舞伎ってこういうもんなのか、と(特に台詞)。
一回ちゃんと歌舞伎見たくなった。
素人がそう思うくらいだから大成功でしょうねぇ。

あとコメント。
NHKさん、えらい攻めますなw
実験としては成功だとは思うけど
ニコ動と違ってon/offできない点が改善の余地ありだと思う。

コメントが面白い時もあれば、邪魔な時もあるから
一概に言えんのよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

王の帰還

今でもkemu soundは通用するのか心配でしたが杞憂でしたな。

*kemu氏の正体発覚で色々言われているようですが
おっさんとしては「ふーん」としか。
むしろ「そんなに若かったの!」という方が大きいなぁ。
だいたい「脳漿」で当てて上から目線で物申すようになった某氏よりいいじゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

油そば はてな

油そば はてな

近くに油そばの店ができたが、たいして入っていないようでもあるので、じゃ軽く食ってみるかと思った日に限って?行列。
20分ばかりして着席。
はて?どーも店内が一二三っぽい。
なんじゃこりゃ?とググってみれば、創業者がご兄弟とかで兄弟店みたいなものらしい。

あーい、わたし先日一二三で食べたばかりなんですけどー!

着席した以上仕方ないので食す。
感想。

1:一二三より美味しい。
2:一二三より量が多い。
3:一二三よりオイリー。

1と2はいいけど3がなぁ。

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

今月のアワーズとアフタヌーンとその他

●アワーズ
アルペジオ休載。ネーム作り大変なんだろうなぁ。
ドリフターズ休載。いつものことです。

・河合荘
割とあっさりシロさんの正体&フルネーム判明。ガチで作家。
河合荘住人で、ある意味唯一真っ当?な社会人というわけで、全員ショック受けるが
麻弓さんが大ダメージ。
実は河合荘現在9巻まで出ておりまして、麻弓さんとシロさんくっついて10巻で完結ではないかなー、と。
飲み会の麻弓さんをシロさんスーツ来て迎えに行った回でフラグたってますしね。

・超人ロック50周年トリビュート 大石まさる先生
・・・・・・ロックじゃねぇぇぇぇぇぇwwww


●アフタヌーン
げんしけん、シドニア終わって読むもん減ったと思ったら、地味に増えてきた。


・マージナル・オペレーション。
戦場の冷酷さがいいよねぇ、この作品。
『主導権取り返すためにも相手にしない』ってのはいんだけど、ハキムがあっさり死んだ以上
ソフィも『人質の価値無し』としてあっさり殺されそう。生首送りつけられるとか。

・大上さんだだ漏れです。
これ、地味に面白いなぁ。水着回は偉大だ。

・フラジャイル
新章突入。今回は『末期癌の少年』
子供だからて告知しなくていいのか?本人が望むいなら延命治療に変えるべきではないか?
また重いテーマです。
で、何が武器になるのか?って火箱さーん再登場!
火箱さん、ほんとエロいわぁ。たまらんな。

・イサック
読み切りだったのが、反響大きくて連載になったっぽいです。
最初から読んでますけど、絵も凄いし話も面白いもんね。
夏の陣が終わり、その後異国ヨーロッパに渡った日本人。イサック。
丁度30年戦争の真っ最中。
ヨーロッパに渡ったのは、仇討?が目的らしいですが、まずは傭兵として活躍する事になります。
ところで、イサックって鉄砲足軽じゃないよねぇ。あんな立派なサムライ・ソード持ってるし。
でも名前はイサク?うーん。サムライ・ソードは自分のモノではないのかもしれない。

・シンギュラリティは雲をつかむ
いい感じになってきた。
主人公がシンギュラリティに乗った理由
「認められたい」「褒められたい」
台詞ではそうだけど、あの絵からすると、むしろ
「俺を崇めよ褒めたたえよ」だよねぇ。
で、いい感じなのはここから。
お父さんを殺されたヒロイン役の子

「あなたも同じ、戦いたいだけじゃない!」「人の死はもうイヤなの!」

みたいなテンプレかなー、と思いきや

「もっと仕返しがしたい」

はっはっはー言いよるわ。いいぞいいぞ、この狂気はいいぞ。

・ソフトメタルヴァンパイア
1話がつまらんかったので読んでなかった。
結構おもろいな。これ。

・あしあと探偵
横領した旦那が疾走。あっさり不倫相手と国外逃亡の計画を見抜く寺崎さん。しかーし、実は奥さんもグルだったー。
おお、今のところ最難関っぽいぞ今回。
でも、たぶん見抜いてるよね。スマホのバッテリーが切れかけ、というところがポイントだと思う。

●その他

・新谷かおる先生、休筆!
漫画家・新谷かおる氏、66歳の誕生日に「一旦筆を置く。長い間ありがとう」と宣言~その反響 - Togetterまとめ
ええええええ!
引退ではないけど・・・・。
ゆっくり休養して、また復活して欲しいですわ、ヤッタラン副長。
しかし、どいつもこいつもシュタインベルガーと・・・・・・・。
それ飲んだカーライルさん死んでしまったやろが。縁起でもない。
・・・・・・、あ、でも買おうかな飲もうかな。

・超人間要塞ヒロシ戦記
最高のすっげーくだらないバカ作品。

まごう事なき大傑作。お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

最近のボカロ徒然

Orangestarさん、4/1で活動休止してたってマジ?
たしか『イヤホンと蝉時雨』でブレイクした時17歳らしいし、アメリカ留学中らしいので、進路・就職関係かねぇ。


というわけで、最近のボカロ徒然です。

●年に一人二人ブレイクして大手化というか、ビッグネーム化するというか、その年を代表Pさんがいるもんです。
例えば
じん→ラスノ→ハニワ
みたいな感じで。

一昨年はn-bunaさんの年でしたが、昨年はそらもうナユタンさんの年でしたな。
『ハウトゥワープ』で知って、この人凄い!と思ったら、出す曲出す曲全部ヒットだものねぇ。
で、今年なんですが

おそらくバルーンさんの年になるんでは?と。
夕染→シャルル、そして『雨とぺトラ』でガンッ!ときたからねぇ。
次点でかいりきベアさんかしら。
ただねぇ、バルーンさんに『伝説のv_flowerマスター』の称号はいかがなものか。
だって、『伝説のv_flowerマスター』の称号は電ポルさんしかいない、と思ってますので。

●週刊VOCALOIDとUTAUランキングがついに500回

といわけで、なかなか面白いものを。
ぼからんまとめ様より
1位一覧
意外や意外。『千本桜』は1週のみ。
それと2曲おかしいヤツがおる。
まずゴーストの4週連続ってなんぞw
そしてチュルリラが2週連続、1週おいて3週連続。
この1週というのがn-bunaさんだったりする。そら1位とるよねー。
だがしかし。

n-buna『白ゆき』 148,553 
くらげP『チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!』137,205

その差、たった11438。(ぼからん1位と2位の差としては僅差)。
なので実質6週連続で1位。

化物か。

続いては

順位をポイントにしたランキング

1位はご存知千本桜。そりゃ5年近くランクインしてましたからねぇ。
で、4位にゴーストってなんぞー!
ほぼ1年ちょっと前の曲で4位。
こうしてみると、桜よりゴーストの方がばけもん曲であるなぁ。

あと、カゲプロ曲って意外と下位だったり。


●んでもってその
週刊VOCALOIDとUTAUランキング #500・442

4位 彗星ハネムーン
5位 サラバイサラバイ
6位 エイリアンエイリアン
7位 雨とペトラ
8位 ダンスロボットダンス
9位 シャルル
10位 太陽系デスコ

ナユタン→バルーン→ナユタン→バルーン→ナユタン→とあ→ナユタン

ハンバーガーじゃねぇぞ!w


今回はこんなところでしょうか。


あ、JOYSOUND!早よ『彗星ハネムーン』入れんかーい!(当然本人画像でな!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

神社と桜と御神木

2017050701
2017050702
2017050703
2017050704
2017050705


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

ラーメンBIG


テスト

その1
先日、次郎系ラーメンを食べる前にどんなもんかとwebで調べた時、店名を間違えて覚え
「ラーメンBIG」で検索する。家系ラーメンで有名なお店と知る。

その2
それとほぼ同時期、家系ラーメンにある「おろしにんにく」は、混ぜるのではなくにんにくを味わうためにあると知る。

結果。ラーメンBIGにハマる。
半端ない中毒性。
二郎はジャンク?
いや、こっちの方が最高にジャンクだよ。
しかも、体にいいし!

どれくらいの中毒性かというと

毎日食べたい!マジで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

最近のアフタヌーンとかアワーズとかその他漫画

最近感想書いていなかったから、まとめて雑感。

●アフタヌーン
獣医漫画が終了してましたが、いい感じに終わってるようにみえても
打ち切り
だろーなー。あれ。
そもそも『動物のお医者さん』という金字塔がある以上、ハードル高いのはわかってたろうに。何故獣医学生モノに。
でも、見事な打ち切り喰らった建築士漫画よりはましか。
しかし、シドニアとげんしけん終わって、読むもん減ったなぁ。公民館も終わったし。

・ブラックジャック
休載。打ち切り路線か継続路線かで揉めてると想像します。
たぶん打ち切りだろーなー。

・マージナルオペレーション
ついに子供1名死亡。これは大きく動くなー。でも初期から読んでないので、今ひとつつかめないんだよねぇ。

・ヴィンランド サガ
クヌートによるヨーム戦士団潰し・・・よりも、久々に嬉々として戦争を楽しむトルケル閣下がみれて嬉しく思います。久々にケンカだぜぇ。

・フラジャイル
岸先生過去回。謎だった戸倉さん判明。そして、昔から岸先生は岸先生だった!
かわってねぇー!

・トップウGP
面白く読ませてしまう力量は流石だと思いますが、正直このままでは2~3年で終了のような・・・。
まぁ大御所だし、編集部も好きにやらせてんのかねぇ。

・シンギュラリティ
主人公、天才児。突然戦争。ロボット(風の航空機)に乗り込む。
王道というかベタというか。がんばれー。

・あしあと探偵
最近一押しです。面白い。コミック買いました。


●アワーズ
平安漫画終わる。んー、まぁしゃぁないか。
アルペジオ、とりあえず群像の生死は置いといて、第二章開幕・・・という名の長期路線構築。下手すると15年連載コースか。ただなぁ、ぶっちゃけ風呂敷広げすぎてるよなぁ。
きっちり10巻で終わらせたヒラコーってやっぱ凄い。

・河合荘
宇佐の告白を受け入れた律っちゃんでハートを射抜かれました。
で、今後は麻弓さんメインで進むのかしら。麻弓さんのスイッチって手動だったんだ。
個人的にはシロさんの正体がわかるのか楽しみ。

・スーパーカルデジアンシアター
回を追うごとに面白さが減っていく。ホリーブラウニーは名作だったなぁ・・・。

・ゼロエンジェル
鳴り物入りで始まりましたが、こちらも回を追うごとに(以下略

・ナポレオン
くそったれのベルナドット、スウェーデン王位へ。これが今のスェーデン王室になるんだから歴史というのは面白い。

・ドリフターズ
休載。平常運転ですな。

・超人ロック50周年企画第五弾

太田垣康男 先生!
おおおおおおおお!!!!!!
ロックじゃねぇw
ところでムーンライトマイルの続きは(以下略

●その他
・月刊ヤンマガ、トニーたけざきの『攻殻機動隊』
トニー先生天才や!士郎さん書いたのかと思った。

・最近グルメ漫画多いけど、正直飽きたというか、量産されすぎ。中身なさすぎ。
クーネルマルタや飯科帳、サチコ、やっぱ中身しっかりしてないとダメですよねって話で。

・ベランダビオトープ

面白いけど、男子には危険!特に「プラモデル」「Nゲージ(レイアウト)」好きな男子には危険!
私もビオトープ作りたくてウズウズ・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

二郎系

二郎系なるラーメンは好きではない。
近所に二郎系ラーメン屋があって5~6年前に5回ばかり喰ったが、感想としては
「疲れるだけ」「肉がでかいだけ」「たいして美味いもんではない」
というのが正直なところであり、それ以来いわゆる『二郎系』は喰ったことがない。
そんな私が今日二郎系ラーメンを喰ってきたのは
まさに『気の迷い』としかいいようがない。
勤務先の近くに二郎系ラーメン屋がオープンしてるのを発見して、ついフラフラと。
んでその感想なのだが、

意外と美味しかった!
ラーメンとしては納得できないが
『二郎』という食べ物としてならありなのだな、と。
スープは割と美味しかったし、肉も柔らかかった。

ただなぁ。
いわゆる二郎系というやつ、なんであんな見た味悪いん?
なんで野菜山盛りにして極太麺なん?
なんで肉でかいん?

スープは美味しかったんだから、普通のラーメンでいいんじゃねぇの?と。

とはいえ「美味しいところは美味しいのだな」と再発見して
これまでの決めつけを恥じる文章でも書くかと思ったが

腹のなかに収まった麺が膨れてすっげぇ苦しいので
もう二郎系は二度と喰わん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

帰ってきたヒトラー

地元のTOHOが上映しやがらねぇもんだから、やっとDVDで視聴。
いやぁ大傑作ですわ。

原作とはちと異なりまして、TV局をクビになったザヴァツキがヒトラー見つけてドイツ中をドライブ。ヒトラーが市民にインタビューしつつ(この辺はドキュメンタリー)、YouTubeにアップしたら人気出てTV局へ、という流れ。色々あって一時TVから追い出されますが、その暇な時に書いた本が『Er ist wieder da』原作というメタ展開。
素晴らしいのはヒトラー約を演じた俳優さん。
これまで一番のヒトラー役は『ヒトラー最後の12日間』のブルーノ・ガンツとされていましたし、おそらくこれからもでしょう。
しかし、本作のオリヴァー・マスッチも負けてはいません。
なぜなら、オーデションで重視されたのがなんと『演説力』!

一応設定的には1945年のヒトラーが2014年に、なんですが
このヒトラー、精神年齢だけは若返ったようで、1933年のヒトラーでは?というくらい演説が凄い。
この演説だけでも視聴する価値はあります。

そして最大のポイントは・・・・

『ヒトラー最後の12日間』パロディ!
いやもう、予備知識ゼロで見たもんで。
久々に手を打って大爆笑しましたわ。

『ヒトラー最後の12日間』を見た方は是非。

だた、ザヴァツキ君のラストはちょっと可哀想だったな。
ラストは原作通りでもよかったような。

それとユダヤ人ネタがほとんどなかったのもやや不満。
やっぱ映像化作品だと難しいか。
原作だと『ユダヤ人ネタは洒落にならない』というのが、字句は同じでもヒトラーと現代人で解釈が異なるため上手く話が転がっていくというところもポイントだったんですけどねぇ。

ともあれ歴史好きな人なら絶対見た方がいいです。*コメディを期待してる人には不向き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«五福星