« めっちぇんの明日のライブ告知 | トップページ | 私信 »

2008年10月24日 (金)

MS IGLOO 2 重力戦線

今日はお休み。
丁度良い、朝一で駅前のTUTAYAにて今日発売の『MS IGLOO 2』をGETしてくるのじゃ~、と行ってみれば
目の前の奴が最後の1枚を・・・・
時刻10:10分。
なんでじゃぁ~、なんでこんな目にあわねばならんのじゃ~、
ああいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまいましいいまい
これも『あの人』のせいじゃあ、あんな人一生不幸にあえばいい~
と、一気に鬱モード突入。
んがしかし。
これから国分町のタバコ屋いって、帰りにTOMO'Sによって・・・・あ、どうせなら他のTUTAYA行ってみよう。駄目もとだし、と行って見れば、あっさりGET。ここのTUTAYAなら、仕事帰りに便利だし、かえってラッキー。
これぞまさに災い転じて福となす。
んでは早速感想を。



 先生、もろに『戦場まんがシリーズ』化してます。
\___________ 
      V
     ∧_∧∩
    ( ´∀`)/
 _ / /   /  
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


まぁ前回でも『衝撃降下90度』をやっていたわけですが。
今回は初手から・・・死神の羽音ですかい。
全体と通しての感想は
死神の羽音+バンド・オブ・ブラザーズ+コンバット
なんでコンバットかというと、あのデカイ携帯無線機(見た瞬間、私は狂喜乱舞)。
さすがスタッフわかっていらっしゃる。いっそ『チェックメイト・キングツー、こちらホワイトロック、どうぞ』も入れればよかったのに。
主人公のバーバリー中尉率いる対MS特技兵小隊、なんでも元はただの対戦車小隊。それがMSの出現とともに、強化された対戦車ミサイルを対MS用にしただけらしい。しかも部下は2週間の訓練を受けただけ。まさしく最貧前線。
しかし、いかに速成訓練受けただけとはいえ、ATM(いや、AMSか)抱えて鉄塔に登るバカがいるとは思わなんだ。
バーバリー中尉の指揮にも疑問。
あの場合、撤退擁護が任務なんだから、必ずしも撃破を狙う必要はなかったのでは?また、第4分隊まであるんだから、第1分隊は正面、第2第3分隊は横の森に、第4分隊は車載のまま、陣地転換する際の援護として後方の町あたりに配置でよかったんじゃないかなぁ。
っていうか、部下の訓練度や配置には気を使おうね。
(個人的に、今までのMS IGLOOで一番優秀だった連邦軍士官はセモベンテ隊のフェデリコ・ツァリアーノだと思う・・・)

あと、『その回の主人公は戦死する』というのは、最早MS IGLOOのお約束伝統、と化したようです。

次回は・・・・・・前作ではヒルドルブに稜線ごと吹き飛ばされてしまった61式戦車ですか。
砲口にはきっちりボアサイトミラーまで付けて。
うふふふふふふふ。
楽しみです。

|

« めっちぇんの明日のライブ告知 | トップページ | 私信 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158553/42890359

この記事へのトラックバック一覧です: MS IGLOO 2 重力戦線:

« めっちぇんの明日のライブ告知 | トップページ | 私信 »