« 川凍った | トップページ | 梅小路蒸気機関車館その3 »

2012年2月 5日 (日)

初音ミクの広がりについて

【2012.2.17改稿】

どうもGoogle ChromeのCMに採用されたおかげか
TVで取り上げられたりする機会が多くなったような。
中身はとえば、
ミクさんはソフトですよ、曲を作ってアップして、それを誰かがイラストかいたり、PV作成したり、連鎖反応が起きて今や世界中で人気なんですよ
みたいな流れ。
いやまぁ、そうなんだけどさぁ。


優れた二次創作より、くっだんねぇ三次、四次創作(MAD)
ニュース・まとめ系サイト(ポータルサイト含む)
SEGAの本気
この3つがないと、世界展開にはならなかったんじゃないかと思うのよ。

ぶっちゃけ、マスコミが解説しているような、曲アップ→PV作成→拡散
なんて、当初はなかった。
初音ミクってソフトが出るんだってー→おお、かわええやん
でバカ売れして、キャラ重視で初めてこの手のソフトを買ったユーザーが最初にやったのは
『卑猥な言葉を言わせてみる』
だったそうな。
ただ残念?な事に、我らがミクさんは歌う事に特化しているので、話すのは得意じゃない。
で、次にして試してみるのが
『歌わせてみた』
要は既存曲のカバーなわけですよ。
個人的にはフルメタルジャケットの海兵隊ソングを歌わせてみた、が最高だったり。
もちろん、みっくみくにしてやんよ、は結構初期からだけど、だからといって発売当初からニコ動がミクのオリジナルばっかりだったわけじゃない。
そんなわけで、ライトなネットユーザーたる私はこのあたりでボカロ界隈から遠ざいた。
だから、その後数々の名曲が出ても、それを知っているのは『意識してボカロを聞くユーザー』なわけで
オタク御用達、のレッテルはある意味しかたがなかったんじゃないかと思う(だからと行ってアッコにおまかせのアレは最低だと思う)。
で、だ。

じゃあ、なぜに私が再びボカロを知る・聞くようになったかと言えば
ぶっちゃけ三次、四次創作である。






●三次、四次創作

私はこのMADが大変大好きなのだが(細かい点は聞くな)、このMADを知ったとき一番の疑問は
『この曲何?!』
だった。
歌詞でグーグル先生に問うて、World is Mineを知った次第。
替え歌、歌ってみた、踊ってみた、MAD作りました、etc・・・
これらが無くて、今まで拡散しただろうか?ボカロを知った人が増えただろうか?
皆、望んでボカロのカテゴリーに突撃したんじゃない。『何これ!すごい!』の三、四次創作から入っていったんじゃないだろうか?






●ニュース・まとめ系サイト(ポータルサイト含む)
優秀なMADやPVが作られても、知らなければ行くことはない。
しかーし、ありがたい?事に、ニュースやまとめ系サイトなるものがある。
ある程度のネットユーザーなら、ネット界隈のニュースを拾うのに、まとめサイトやニュースサイトを巡回しているのではないだろうか?
人気のある二次創作系作品や、面白いMAD作品はこういったサイトで紹介されている事が多い。
中にはYahooニュースに出たものもある。

映像がすごい!ハリウッドで通用するレベル!
という記事だった(確か)。




ここまでくれば簡単だ。
人の好奇心は偉大だ。
この人のほかの曲は?この映像作品を作った人のほかの作品は?


こうして、人は『伝説入り』のタグが付けられた、名曲群に足を突っ込んでいく。






●SEGAの本気
さぁ、ボカロに人が集まった。けど、これだけで海外で成功するだろうか?これだけで、TOYOTAのCMに採用されるだろうか?Google Chrome のCMに採用されただろうか?
個人的には、NO!だと思う。
世界規模のニッチ市場の形成で終わったと思う。
だから、2010年3月9日のミクの日感謝祭はもっと評価されるべきだし、いろんな意味での記念日だと思う。
SEGAは透過スクリーンを使用し、髪や手による影が落ちるところまで作りこんだ3DCGを作った。


その結果は
2次元のはずなのに、ただのソフトのはずなのに、でもミクはそこに存在した。
海外の人々はびっくりした。
日本人もびっくりした。
ここまできたら、あとはホログラムだ。誰もが未来を見た。
だから外人さんはこう言った。
『あいつら、未来に生きてんな』と。
注意しなきゃいけないのは、2011年のミクパじゃだめなのだ。
もし、あれが最初だったら海外の反応はこうなっていたはずだ。
『でっかいTVに映ったヴァーチャルアイドルに群がってる。日本人って変』と。
あのSEGAの本気を見て、ここまで来たんだと思う。
でなきゃNOKIAシアターがソールドアウトするかい!
外人さんが『MIKU-SAN Maji-Tenshi!』なんて言うかい!






三、四次創作がニュースサイトに取り上げられ、人が増え、SEGAの『ミクはいます』という本気。
この3つがなけりゃ、ここまで大きくはならなかったんじゃねぇの?
と思う次第。
先日NHKで初音ミクが取り上げられ、好意的に取り上げられてはいたものの、なんか端折った感じでもあったので語ってみました。






ところで、LAライブの World's End Dancehallの振り付けって、何を見れば覚えられるかしら?

|

« 川凍った | トップページ | 梅小路蒸気機関車館その3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158553/53913028

この記事へのトラックバック一覧です: 初音ミクの広がりについて:

« 川凍った | トップページ | 梅小路蒸気機関車館その3 »