« 甥っ子襲来 | トップページ | ワン・アイド・サンドウィッチ »

2012年12月15日 (土)

ガールズ&パンツァー第9話

あらためて感想を。
降伏の猶予を与えたのは
カチューシャがお腹空いた&眠たいという理由が判明。
しかも、降伏の条件に草むしり&麦踏み&ジャガイモ堀もつけようと言い出す始末。
お前ら、農業高校なんかww
はいはいとあやして寝かしつけるノンナ。
コサックの子守唄。もちろんガチロシア語.ver
対する大洗。
4号の砲塔は修理。しかし電動ではなく手動旋回になったぽい。
さーまずは偵察だー、ということで斥候出す。
秋山殿&エルヴィン組
「雪の進軍氷を踏んで どれが河やら道 さえ知れずぅ~う
馬は斃(たお)れる捨ててもおけず ここは何処(いずく)ぞ皆敵の国」
お前ら仲いいなー・・・じゃなくて!歌!!!
いいのかそれでw
しかも最後まで歌い切ったみたいだし。
プラウダもプラウダで、もう勝ったも同然と、
焚き火してコサックダンス踊ってる始末。
お前ら絶対ウォッカ飲んでるだろw
寒いよお腹空いたよー、と士気下がりまくる大洗。
何とかして士気を上げるんだ、との桃ちゃんの無茶振りを受け、なんとここであんこう音頭!
しかも大画面スクリーンで観客席に丸見え。目が点になるおかあちゃんズ。そら吹雪の中3時間待ってあんこう踊り見せられたらそうなるわ。
降伏勧告に対し、「最後まで戦います」宣言するみほ。
ここまでAパート。
海外のオタ曰く「ミュージカル・パート」
続くBパート。
全車突貫!
さて、前回3突の足回り損傷していたが。駆動輪じゃなくて誘導輪だし、予備持ってたんかなぁ。履帯は予備あるしな。外れた履帯も回収したんだろう。偵察妨害している様子もなかったしな。
それと、あっさり撃破されずに出撃できた件について。
おそらくプラウダの照準設定ミスだと思う。
配置図見ればわかるが、出口正面には配置されていない、弧を描いてやや斜めに配置されている。これは正しい。出口正面に配置すれば、そりゃ当たるが、敵からも真正面で当たってしまうわけで。
問題は、照準は敵の未来予想位置にしなければいけない事。つまり、建物出口に照準して、目標を捕らえても当たらんのだよ。さらに、大洗は方位の弱い方向に斜めに進んでいく。これがまた照準を難しくしているわけで、
プラウダも、もっと出口の先の照準つけておいて、敵車両を観察してから撃ちゃよかったのにね。
さて、ここからが凄かった。
弱いところを狙うと見せかけて、敵陣中央突破!
島津かお前ら!w
そして会長覚醒。
「河嶋ー、代わってー」
会長放映始まっていらい、初めて働きます。
一両で突貫するシーンは泣ける。そして照準眼鏡越しのシーンはまさに神。
的確に足回りを狙い、足を止めて砲塔基部を狙う。
いやね、対グロリアーナ戦の時
「38tは履帯外れやすいからねぇ~」って会長の台詞がちょっと違和感あって、んー、そーゆーことが常識な世界なのかな?と思っていましたが、違いますね。これは。
会長絶対戦車道やってたっしょ!
もっとすごいのは全開で38tをぶんまわす柚子ちゃん。桃ちゃんの装填もすっげー早い!
お前ら、最初からこの配置で戦えよ!w
これ以降Bパートはもう名シーン名台詞の連続。
1年のうさぎさんチーム

佳利奈 「うわわわわあ~。ど、どーしよー!」
あゆみ 「私達の事はいいから、アヒルさん守ろ!」
優季  「そうだね!佳利奈ちゃん、頑張って!」
佳利奈 「よっしゃぁぁぁぁぁー!!!」

アヒルさんチームことバレー部

あけび 「もぅ~だめかも~」
典子  「泣くな!涙はバレー部が復活したその日のためにとっておけ!」
妙子  「大丈夫。こんな砲撃、強豪校の殺人スパイクに比べたら、全然よね!」
忍   「そうね、でも今はここが私達にとっての東京体育館。あるいは代々木第一体育館!」

一同  「そーれそれそれっ!」

八九式をここまで神々しく描いた映像があっただろうか?

|

« 甥っ子襲来 | トップページ | ワン・アイド・サンドウィッチ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

さて。公式で年内は10.5話まで、以降は3月という恐るべき大本営発表が。
今クールの枠内で納まりませんでしたごめんなさい発表ですな。
粗製濫造で帳尻合わせるつもりは無いようで一安心。
この姿勢は評価できるよ。

投稿: 山羊@てぃろふぃなーれ | 2012年12月16日 (日) 01時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158553/56320040

この記事へのトラックバック一覧です: ガールズ&パンツァー第9話:

« 甥っ子襲来 | トップページ | ワン・アイド・サンドウィッチ »