« ザ・ブザー | トップページ | カゲロウデイズ5巻読了 »

2014年4月 2日 (水)

いいかげん消失を持ってくるのはやめてはどうかと

昨日は永遠の31歳テトさんの誕生日でございました。
さて、ちょいと前の記事ですが

歌いにくいからこそ歌われる――ボカロ曲がカラオケで人気な理由、JOYSOUNDに聞いた カギは「攻略」

ちゃんと新作チェックして、かつ埋もれた曲を掘り起こすという、その活動には脱帽。
アノマロカリスのクリーム煮定食が入っていたのはそーゆーわけか。
さすがJOYSOUND。

と同時に、違和感が。

『ボカロ楽曲の最大の特徴は、cosMo(暴走)Pさんの「初音ミクの消失」が分かりやすいですが、非常に早口であったりして、人間が歌うことを想定していないところです。「いかに歌うか」というゲーム感覚で楽しまれている面も強いと考えています。』

そうかぁ?
そんな気まったくないがなぁ。
気に入った曲、いい曲だから歌うんであって、攻略なんて考えたこと無いがな。
つかさ、マスコミもそうだが「消失」持ってきて
「これがボカロ曲ですよ人間には歌うのが困難なのも歌ってくれるんですよ」
みたいな取り上げ方、いい加減やめちゃどうかね、と。
だってアレ、ボカロ曲でもかなり特殊な曲だぞ?
それに、「攻略」が受けているなら、最近のハニワさん人気はどー説明するのかと。
それでも「歌いにくい曲が~」いうなら、ミカグラの2曲出さんかい。
有頂天ビバーチェと放課後ストライド、あの2曲は軽く死ぬる。マジで。

|

« ザ・ブザー | トップページ | カゲロウデイズ5巻読了 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158553/59395219

この記事へのトラックバック一覧です: いいかげん消失を持ってくるのはやめてはどうかと:

« ザ・ブザー | トップページ | カゲロウデイズ5巻読了 »