« げんしけん二代目(アニメ) | トップページ | ミクの日 »

2015年3月 7日 (土)

げんしけん二代目その2

みなさんこんにちは。今度は何故か何故か15巻が手元にあるブログ主です。
いやー、ネカフェで読んだときは時間なかったんで、かなり飛ばし読みだったんすけど、
ゆっくり読み直すと心理描写すげぇね。
91話でアンジェラが「スーがいないなぁ」ってのは
3人同じスタートラインにたって、そこから勝負したかったのね。

さて、改めてハーレムの行方を考えると。

恵子ルートはないわ。
吉武は「遠慮のない会話の感じが似ている」「ふつーに感情をぶつけている」と、(矢島のためでもあるけど)恵子押しですが、
これだから恋バナ0の歴腐女子は。
それはな、斑目が「恋愛対象としてみていないから」だろーが。いや、異性としてすら認識していないかもしれん。
唯一異性として認識したのは恵子の部屋に行った時だけで、その結果が「女怖ぇー」でしょう。
もう恵子のターンは終わりだと思う。

スー。
アフタでは矢島っち実家で酒盛り中ですが、あの反応を見るに、やっぱり好きなんでしょうね。
再びスーのターンがくるかどうかは微妙なところ。

アンジェラ。
87話。「 コ ミ フ ェ ス で は おとなしくしている」の意味が、バレンタインのメモリーカード(大野さんに没収)の事なのか、または何か企んでるのか謎。でも、この人だけ「アンジェラのターン」が無いんですよね。
ただねぇ、斑目も、パツキン巨乳ネーチャンなんて事象の地平線以下の存在ではないのかなぁ。

波戸
やっぱさー、波戸一択じゃね?
証拠1:98話
「ってゆーか、女の格好なのね」
「薬 置いてってくれたときも女?」

女装って言ってない。女として認識してる!

証拠2:「波戸くんからもらったチョコが一番うれしかった」

ほら波戸一択!


とはいえ、波戸ルートの場合だと「じゃあ読者はすんなり納得するのか」「それってアリなのか」ってのが問題なわけで。
どーやって軟着陸させるか、波戸ルートでの落し所を探しているんじゃないのかなぁ、と。

あ、アニメ(二代目)の方ですが全話視聴しました。
ただの神作品でした。

|

« げんしけん二代目(アニメ) | トップページ | ミクの日 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158553/61244917

この記事へのトラックバック一覧です: げんしけん二代目その2:

« げんしけん二代目(アニメ) | トップページ | ミクの日 »