« 斑目パスタ(エビと生ハムとプチトマトのパスタ) | トップページ | アニメ化 »

2015年11月17日 (火)

チャーハン考

チャーハンはお米パラパラに、というのは皆様ご承知かと思いますが
そのパラパラ具合は
「ドライなパラパラ」と「しっとりなパラパラ」の二つがあると思うのですがいかがでしょうか。

そもそも、日本のお米は粘り気のあるジャポニカ米です。
普通にチャーハン作っても、パラパラになるわけがない。
無理してパラパラにすれば、今度はお米の美味しさが損なわれる。
パラパラかつお米の美味しさを追求したのが
日本における、いわゆる「ラーメン屋のチャーハン」、しっとり系のパラパラだと思うのです。

ところが、美味○○ぼなる漫画のせいで「チャーハンはドライなパラパラでなければならぬ」という悪習が生まれます。

ちょっと待てといいたい。
本場中国をはじめ、世界的に見れば粘り気のないインディカ米(タイ米)が主流です。
普通に作っても勝手にドライなパラパラになるのです。

なのに、ジャポニカ米でドライなパラパラなチャーハンを作ったら、それはお米の美味しさを殺したチャーハンではないでしょうか?

何が言いたいのかといいますと

東京駅のチャーハン専門店、あれ1000円出す価値ねぇよ

と、声を大にしていいたい。

|

« 斑目パスタ(エビと生ハムとプチトマトのパスタ) | トップページ | アニメ化 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158553/62696927

この記事へのトラックバック一覧です: チャーハン考:

« 斑目パスタ(エビと生ハムとプチトマトのパスタ) | トップページ | アニメ化 »