« 最近観た邦画2本 | トップページ | トルコのクーデター »

2016年7月11日 (月)

マンガの評価って

先日フェリーのエントランスにご自由にお読みくださいマンガが沢山あったので今頃「もやしもん」にハマりました。
昔友人にお勧めされたとき読んでおけばと後悔。
いや、イブニングで何度か目にはしてるんだけど、絵柄でスルーしてしまった。

「なに言ってんだ そこのホモサピは。俺らは酒造ってんじゃねぇ。生活してんだばっきゃろい」

名言ですなぁ。
あ、わたくしもちろん蛍ちゃん押しですが、ハトちゃん優位は揺るがず。
ゴスロリでなければ、嗚呼ゴスロリでなければ!

そういえば「少年メイド」なるアニメがあるそうですが、タイトルを目にして即 『クーロ君?』と思ってしまったアウトな人間ですわたくし。

ああ、薄い本だったら沢木×蛍のとても良いブツ多いっすね。
マダ×ハトは、ちょっとイマイチな本が多いから。

なんかすっげー話がずれた。
そうそう。
今頃になってハマったわけですが、最終話近くの連載当時はあまり評判よくなかったっぽいですね。
曰く「また日本酒造りか」と。
繰り返しますが、私は今頃ハマったもんで、本一気読みしたわけですが
テンポ良いと感じました。
この辺が連載と本になっているかの違いでして、例えば「げんしけん 二代目」
何度も何度も「またハーレムか」と言われておりますが
いざ19巻・20巻を読んでみれば「また」という感想はまったく感じません。
むしろスムーズに話は進行しております。

というわけで、マンガの評価って(ギャグ作品は置いといて)連載時ではなく
本になってから評価しないと正しい評価にならないんじゃないかなぁ、と。
少なくとも連載時に
「また○○?」と感じつつもスムーズに読めるなら、実は「話はきちんと進んでいる」
「また○○?」と感じて、かつ流し読み程度でで十分な内容だったら「話はまったく進んでいない」
だと思います。

雑誌かって「また○○」と思うまえに、まず「ちゃんと読めるかどうか」で評価した方がいいんじゃないでしょうかねぇ。

|

« 最近観た邦画2本 | トップページ | トルコのクーデター »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158553/63901799

この記事へのトラックバック一覧です: マンガの評価って:

« 最近観た邦画2本 | トップページ | トルコのクーデター »