« 五福星 | トップページ | 二郎系 »

2017年3月29日 (水)

帰ってきたヒトラー

地元のTOHOが上映しやがらねぇもんだから、やっとDVDで視聴。
いやぁ大傑作ですわ。

原作とはちと異なりまして、TV局をクビになったザヴァツキがヒトラー見つけてドイツ中をドライブ。ヒトラーが市民にインタビューしつつ(この辺はドキュメンタリー)、YouTubeにアップしたら人気出てTV局へ、という流れ。色々あって一時TVから追い出されますが、その暇な時に書いた本が『Er ist wieder da』原作というメタ展開。
素晴らしいのはヒトラー約を演じた俳優さん。
これまで一番のヒトラー役は『ヒトラー最後の12日間』のブルーノ・ガンツとされていましたし、おそらくこれからもでしょう。
しかし、本作のオリヴァー・マスッチも負けてはいません。
なぜなら、オーデションで重視されたのがなんと『演説力』!

一応設定的には1945年のヒトラーが2014年に、なんですが
このヒトラー、精神年齢だけは若返ったようで、1933年のヒトラーでは?というくらい演説が凄い。
この演説だけでも視聴する価値はあります。

そして最大のポイントは・・・・

『ヒトラー最後の12日間』パロディ!
いやもう、予備知識ゼロで見たもんで。
久々に手を打って大爆笑しましたわ。

『ヒトラー最後の12日間』を見た方は是非。

だた、ザヴァツキ君のラストはちょっと可哀想だったな。
ラストは原作通りでもよかったような。

それとユダヤ人ネタがほとんどなかったのもやや不満。
やっぱ映像化作品だと難しいか。
原作だと『ユダヤ人ネタは洒落にならない』というのが、字句は同じでもヒトラーと現代人で解釈が異なるため上手く話が転がっていくというところもポイントだったんですけどねぇ。

ともあれ歴史好きな人なら絶対見た方がいいです。*コメディを期待してる人には不向き。

|

« 五福星 | トップページ | 二郎系 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/158553/65070983

この記事へのトラックバック一覧です: 帰ってきたヒトラー:

« 五福星 | トップページ | 二郎系 »