鉄道

2013年11月 9日 (土)

ブルトレ全廃

北斗星は予想してたが、カシオペアまで廃止検討対象とは。
なんか、どんどんつまんなくなってくなぁ。
トワイライトもいつまで持つか。
早く乗らねば。
JR東北としては、今後フラッグシップをクルーズトレインにしたいんだろうけど、アレってなんか違うんだよねぇ。
こっちは定期列車に乗りたいんだが。
シティ・ナイトランだっけ?ヨーロッパの夜行列車。
あっちは成功してるんだから、なんとかならんものか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

水戸駅にて

先月大洗に行った時のもの。

01
02
?ミニ電車?イベントか何かでつかうのであろうか?
ついでに。
03
新型だけあって、普通車でもシートが素晴らしかった。特にヘッドレスト。
よく寝れました。


そういえば、上野から水戸いりする途中、友部-内原間で、妙な車両を見た。
調べると留置線があるので見間違いではないと思うのだが

・機関車っぽかった気がする
・色がいわゆる青大将だった気がする

なんだったんだ?あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

雲上の楽園

PANDORA VOXXを聞きつつ、ニコ動でロスタイムメモリーを聞いたら
単なる騒音になったでござるのブログ主です。皆様こんばんわ。
いやぁすごいね!
ロスタイムメモリー
カゲロウプロジェクト
メカクシ団
このワードでいらっしゃるお客様の多いこと多いこと。
と、ボカロな話題を振っておいて今回は鉄です。
このブログはいったいなんなんだ?w
去年、小岩井牧場に行った時、ついでにいった八幡平方面で見かけたもの。
01
なんでこんな山の中に・・・・?
と思ったら
04
鉱山鉄道があったのですね。
02
03
秘境な感じの廃線跡とかあるんだろか?とかwktkしつつ、帰宅して調べるとこの鉱山町が雲上の楽園と呼ばれていたそうで。
う~ん、ちょっと行ってみたいぞ、廃墟に。
それと、この機関車も、保存された経緯とか、ちょっとミステリアスな車両のようです。
昔々、硫黄を運ぶためにながーい貨車が走っていたかと思うと胸熱ですな。
閉山とともに廃線ですか。
今だったら観光鉄道として開発できそうな・・・・とA列車の感覚で云ってみたり。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

大人の玩具

いやね、ウチのNのパワーユニットはTOMIXのミニシリーズのN-400で、特に不満は無いんだが拡張性に乏しいわけで、コツコツお金貯めてN-DU202-CL買うかと。定価こそ25,000円だが、だいたい約2万前後で販売されているので、来年の3月には手に入るかのぉ、と思っていた矢先の事。
完全に全く想定外の理由でタムタム寄ったら
クリスマス?セールで特価15,000円。
・・・・・・
・・・・・・・
・・・・・・・・丁度財布に15,000円あるなぁ。
30秒悩んだあげく、





うははははは、これ楽しいぞ。
リアル電車でGOやー。
まさに大人の玩具。


鉄な方々からみれば、KATOの伝説のアレに比べたら小さくてオモチャだろうけど、私にはこれでじゅーぶんだ。特に小さいのがありがたい。場所に困るからねぇ。大きいと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

河合商会倒産!

河合商会倒産!
なんと、河合商会倒産!
それも自己破産のため、製品がどこかで引き継がれる可能性も低いらしい。
今月はちょっと余裕あるから、ポイントでも買うかと思っていた矢先の事。
気が付くと、何故か仙台模型にいて、何故かこのようなモノを買っていたり。
・・・・・・
カマがないなぁ。
うちED75とED76しかないし。
これ引いてたのってEH10とかD51か?
素直にタキとかタンク車買っときゃよかったかw

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

国鉄広島

広島駅から呉線で呉まで移動中のとき、車窓から、広大なヤードが見えた。
広大なヤードというだけで胸熱なわけだが、さらに気になるものもあったため、呉観光の翌日は撮り鉄とあいなった。
その場所は『JR天神川駅』
一旦駅の外に出てから再入場。ホームにたつと、貨物が入ってきた。

20120127_25
あわててパチリ。
まぁ普通の貨物だし。。。。。あ?!

20120127_26
なんかついてるー━━━(゚∀゚)━━━!!

20120127_27
あっという間に走り去った。
こ、これが噂に聞く後部補機。セノハチ越えってやつですか。
観光二日目ながら、自分が西日本に来たことを強く実感した瞬間であった。

20120127_28
お次が・・・・・・103系?
まだ現役?

ぶらぶらしていると、近くから
『ブロロロロロロロロロロ~』
とディーゼル音が。

20120127_29
こんなんが入換えしとった。
瀟洒な格好だが、キハ47である。

ホーム先端からの光景
20120127_30
こんな大ヤード滅多に見れなくなったねぇ。
そして、上記の車両たち。
21世紀の光景とは思えん。どう見ても昭和50年頃の光景である。

後日、山羊氏より『国鉄広島』なる言葉を知る。
納得。

追記
ニコニコ大百科にも記事があったw
國鉄廣島

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

せんだい大鉄道博

行ってみたのだが、
正直、以前EBeanSでやってたものとたいしてかわらんのに入場料800円というのは高い。
しかもシミュレータが400円という超・ボッタぶり。
呆れるというよりも、どうやったらそこまで強気でいけるのか知りたくなった。


上は展示の一部。仙山線の展示。ここだけは良い展示でした。
仙台-作並間が交流電化、作並-山寺間が直流電化、山寺-山形間が蒸気だったんだって。

あと、トラベルフォトニュース(国鉄時代の壁新聞みたいなの)が多かったのはポイントかな。

でも、800円はなぁ。500円だろ、この内容じゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

撮り鉄をしてみよう

東北新幹線開業依頼の復活
新幹線リレー号
しかも車両が583系
ということで、撮ってきた。

20110421

見られるのは24日までらしいぞー。

乗ってこようかしらん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

鉄道博物館・御料車展~番外編~

7号御料車を見学中に気になったもの。

20110116a
車両のステップ。
はて、大正期の製作だが、ゴム張りだったんだろうか?
疑問に思い、解説員に聞いてみると

『リノリウムです』

!!

この車両、1935年に廃車になっている。何度か張替えがあったとしても、ここに貼られているのは、十中八九戦前のリノリウム
そう、日本海軍艦艇の甲板に張られていた、リノリウムと同じ。

これがリノリウムかー!

20110116b
アップ。
なんか、ゴムっぽいよね。たぶんちょっとは弾力あると思うんだよ。ステップに張られたり、甲板に張るくらいだから、滑り止めの効果がないと使えないし。
で、ゴム状のものなんだ、と理解すると
『火災対策でリノリウムを剥がしたら、居住性が悪化した』
というのもよくわかるなぁ。

WLモデラーのみなさーん。
これがリノリウムですよー。


ちなみに、20名の見学者中、これ撮ってたの、私一人だけだった・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

鉄道博物館~御料車展~

『鉄道博物館は、美術館になります』
という、キャッチ・コピーに嘘偽りはなかった。
一言で言うと

凄かった。
半端なく凄かった。

気品とか上品というのは、ああいうものを指すんだなぁ、と実感。
ビクトリア様式のような派手さこそないものの、その気品さはため息がでるばかり。

・・・つかさ、たかが列車の中の装飾の事だけのはずなのに
『漆塗』『絹織物』『七宝』『螺鈿』『金蒔絵』etc・・・
と言った単語が出てくるあたりで、『すでに鉄の話じゃない』
初代1号御料車なんて、一面絹のクッションですぜ、あーた。
ちなみに、ドアノブが扉中央にあるのは、イギリスのロイヤル・トレインやヨーロッパの室内様式をそのまま持って来ちゃったらしい。誰か疑問に思わなかったのか?使いにくかろう。
御料車に関する展示なんで、装備品の展示もあり。
昭和か明治あたりに、天皇陛下が一般客車に乗った時用のサボなんてものもあった。
ちゃんと
『御召車』、と
だがしかし、その下には英語で
『RESERVED』、と。
・・・いいのか!?その訳でいいのか!?、と小一時間(ry
さらに、立派な装丁の『車窓展望』なるパンフというには立派すぎる冊子が。
内容は沿線の名所や建物を記載した絵巻で、作成は各鉄道管理局。
どうも、御召を運行する路線を担当する各鉄道管理局が、その威信をかけて作った、御料車の中に置く皇族専用観光用パンフ、といったものらしい。
内容も、東京タワーが~とか、お台場~とかの一般向けではなく
『静御前が~』とか『古今和歌集で読まれた~』とか、教養ある人向け。
そして、一番凄かったのが
玉座
現1号編成の、1号御料車(3代目)に置かれている、玉座(当然、というべきかアクリルケース内)。
あのね、たかが椅子に、あれだけのオーラと気品を感じたのは、生まれて初めてでございました。
うん、ちょっとだけ『座ってみたいなー』とは思ったけれど
『座ったらシャレにならないんだろうなー』、と。
その『シャレ』というのも、翌日のニュースで『鉄道博物館で珍事件!』みたいなノリのアレじゃなくて

『本当に、シャレにならんのだろうな(汗)』

恐れを感じた椅子というのも初めてでございました。

展示室観覧後は、7号・9号・10号・12号の各御料車を見学。
なにせ、1回20名限定、1日2回、それも土日限定の見学ツアー。見れなかったら仙台から来た意味が無い。
1時間前から並んでなんとかセーフ。

●7号御料車
Goryou01
Goryou02

Goryou03
Goryou04
車体は総漆塗。
各部縁の装飾は金箔。
そして
Goryou05
走行装置周りの縁も金箔!

●9号御料車
Goryou06
装飾品。掛け軸ではない。
絹織物!

●12号御料車
Goryou07
昭和天皇が摂政宮としてご公務をされるようになったため、用意された車両。その後即位したため御料車に。
摂政だから天皇ではないわけで、その分装飾は控えめとの事なんだが・・・・
この壁紙に見えるのは1面の絹織物!どんだけー!

●10号御料車
Goryou08
Goryou09
Goryou010
Goryou011
最後に見学する車両なんで、感覚が麻痺してきたのか一番控えめだったかも。
尾灯がないが、脱着式であったらしい。

おまけ。
限定販売の貼蒔絵を携帯に貼ってみた。
Goryou012
御料仕様の携帯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)