アクアマリンふくしま

2010年3月25日 (木)

アクアマリンふくしま&アクアマリンえっぐ

先日アクアマリン福島に行ってきた。
いやー、仙台から3時間かかるとは思わなんだ(2時間ちょっとで着くと思ってた)。
3~4年前に親の旅行に付き合って、ここに来たことがあるんだけども、その時はGWということもあって、入るのに4~50分、中に入っても、順路沿いに列ごと移動。さら~っと見ただけでした。
それが、今回は連休明けということもあり、館内がっらがら。
いや~、自由に見れました。
で、自由に見れて嬉しすぎて、写真撮り忘れたよ・・・orz
そんな訳で、今回は文章のみでレポです。
一応、公式へのリンクは貼っておくだよ。
アクアマリンふくしま

『海・生命の進化』
あれ、前に来たときはアノマロカリスの模型飾ってなかったっけ?カンブリア紀だけの独立展示欲しいなぁ。
カブトガニは自由に見れて楽しかった。横歩きもできるんだ。

『ふくしまの川と沿岸』
個人的に1番お勧め、一番大好きな展示。阿武隈川の上流から河口、沿岸までを環境も含めて再現。これすっげぇよ。全開来た時はろくに見れなかったから、今回はじっくり見れて大満足。そうか、磯場はああなっていたか。そら根がかりするわ。アイナメ30cmオーバーだったな。釣りてぇなぁ、喰いてぇなぁ。

『北の海の海獣・水鳥』
エトピリカ君よ、君は何故片足だけで水をかくのかね?

『オセアニックガレリア~海の博物館~』
カツオの一本釣りの竿って、あんなぶっといんか。

『潮目の海』
たぶんここ一番の目玉。でも、以前来た時より、イワシの数が減ったような・・・・きっとカツオが喰ってしまったのだろうw
それと以前はウミガメとアザラシ?がいたと思ったけど、今回はいなかった。

『オホーツク海』
クリオネは小さかった。
そして、館内で撮った唯一の写真
アクアマリン福島
ナメダンゴ~
癒される~ww

『サンゴ礁の海』
やっぱり、ここの一押しはチンアナゴ!
・・・でも、今回はサメが巡回していて、なかなか出てきてくれなかった。
リアル『にょろにょろ』なんだけどなぁ。

『熱帯アジアの水辺』
ハゼの一種みたいなのが、ぺったんぺったん跳ね回ってた。虫みてぇw

『ふくしまの海』
ここアクアマリン福島で、世界で唯一人口飼育に成功したの『サンマ』の展示。うろこが剥がれやすく簡単に死ぬので、飼育が激ムズなんだと。
前回来た時は、1匹がぷかぷか浮いてて、1匹は死んでたけど、今回はい~っぱい泳いでた。
サンマってくねくねしながら泳ぐんだぁ。
それと『メヒカリ』
同じ姿勢で同じ方向を向いて動きませんが、置物じゃないですよね?w

『タッチプール』
磯場を再現、ヒトデやナマコを触ってみよう~、というコーナーでしたが、後述するアクアマリンえっぐができた事もあり、見るだけのコーナーになったようです。土日祝日は触れるのかもしれませんが。

『アクアマリン えっぐ』
3/20に開設したばかりの新施設。お魚の釣って、調理して、食べて、生命の尊さを学ぼうというもの。
一言でまとめると『台所付きの釣堀』
これをやりたかったんだよぉぉぉぉ!!!
・・・でも、前日に調べてみたら『開催日 土日祝祭日』の悲しい文字が。。。
で、結果から言うと、釣り、できました。
釣りができるけど、自分で調理する体験プログラムは土日祝祭日のみ、ということのようです(ああ、さばきたい・・・)。
体験そのものは無料ですが、後述する理由により、土日祝日は激混みと思われます。そのため釣堀受付前で『ファストパス』なるものの(整理券?)配布を行ってるようで、土日祝日に行くのならば、先にこのパスを取得した方がいいでしょう。
続いて。竿は1本800円。ただし、人数分ではなく、参加グループごとです。2人行って竿1本とか、4人で行って竿1本とかでもOKって事。釣堀スペースは結構狭いので、10本分の竿が並べばいっぱいと思われます。そのため、場所が開くまでは受付前で待並んで待つ事になります。
なお、釣り体験は30分まです。延長はできません。もっと釣りしたかったら、並びなおしです。
で、釣れる魚は、季節ごとに入れ替えするんでしょうが、私が行った今回は体長15~20cmの銀鮭でした。
何匹釣ってもいいですが、重要なルールがあります。

1:キャッチ&リリース不可!
2:持ち帰り不可!
3:1匹釣ったら80円。

釣った銀鮭は調理コーナーに行くとから揚げにしてくれるので、つまり、喰える分だけ釣る事!!!ということです。もちろん、その場で食わなきゃなりません。
でね、なんで土日祝日は激混みと思われるのかというと、
プールの底が黒いんですよ。ええ。
そらもう見事なまでの、銀鮭の、群れ群れ群れ。
よっぽど腹空かせてるのか、エサ(オキアミ)が水面上であってもジャンプして喰おうとする始末。
つまり、入れ食い可能かつ、爆釣り可能。バカでも釣れますよ状態。
こらぁ、お子様喜ぶわなぁ。だもんで、土日祝日はお子様連れで激混みかと。

あと、個人的な感想ですが、白米欲しいです。銀鮭のから揚げ美味しかったんで(おにぎり持ち込んでた家族連れがいましたが、正解ですなぁ)。

『BIOBIOかっぱの里』と『蛇の目ビーチ』
『蛇の目ビーチ』は冬季期間ということもあって、浜辺でじゃぶじゃぶできません・・・・・ガキが二人、砂浜でダム作ってたw寒くないのか~www
あと、ナマコが一杯いた。
『BIOBIOかっぱの里』は田んぼを再現したビオトープ。これすげぇよなぁ。海の側で淡水環境を屋外で再現するんだから。この季節は案の定なにもいませんでしたけど、春夏はメダカかゲンゴロウ等、田んぼの水中生物で一杯のはず。水面下を覗ける筒?で観察もできます。

連休明け平日ということもあって、十分に堪能してきました。
と~ってもお勧めの施設です。

余談
心残りその1:やっぱりバックヤード・ツアー行けばよかったような・・・
心残りその2:やっぱりチンアナゴの抱き枕買えばよかったような・・・
夏にもう一回行きたいような・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)