乗ってみた

2013年7月14日 (日)

太平洋フェリー三姉妹

太平洋フェリー三姉妹といえば、
きそ
いしかり
きたかみ
の3隻。
先日大阪旅行の帰りは名古屋からきそに乗って帰ってきたのだが、この3隻の中でベストな船は
きそ
と断言したい。
いやさ、本当は先代のいしかりが好きなんですけどね。
あの夜間照明すらない、トップデッキは最高でした。ゲーセンには電車でGO(初代)も置いてあったし。
でも引退してしまいましたので。。。。
さて、なんできそがベストか。
まずは他の船の批評から。

●きたかみ
船首の展望室は素敵だが、その他はいかんせん若干陳腐化が。風呂ちょい狭いし。

●いしかり
最新鋭だけあって、内装超綺麗。
が、まず風呂が広いがサウナ無いし、きそにあった寝風呂がない。
また、外に出れるデッキが一層って不満。
最大の問題が、シアターラウンジが船尾にあること。
これは大失敗だったんじゃないだろうか。
後述するが、気分的に気軽に出入りできないのだ。
どうしても「さぁいくぞ!」と身構えてしまうし、入ったら入ったで気軽に出れなさそう。

●きそ
ということで、個人的にきそがベスト、となる。
特にあのシアターラウンジの配置は素晴らしい。
『あ、なんかやってるんだ。どれ、ちょっと覗こうか』と気軽に入れるし、気に入らなかったらすぐ出れる。
風呂だって広いしサウナもあるし寝風呂もある。
また、先日乗船した際に見たジャズの人たち。
あの方々はきそにしか出ないようなのだ。

というわけで、ワタクシとしてはきそ、それも名古屋→仙台のきそを超お勧めします。
いいですよ~名古屋→仙台は。
乗船→まずはレストランで飯。
Kiso01
Kiso02
このプチケーキがまたさっぱりしてて大好き。

Kiso03
Kiso04
仙台→名古屋じゃなくて、名古屋→仙台をお勧めするのが、この光景。
もちょっと暗くなると、それはそれは綺麗でねぇ。左舷は夜遅くまで夜景が綺麗ですよー。

Kiso05
あまりに絵になっていたので思わず撮った一枚。

夜はラウンジショーみて、お風呂入って、TVで船内放送の映画(ラウンジ上映と船内TVで流す映画は別々という細かさ)みて、翌朝は大海原で朝風呂入って飯喰って、だらだら読書やら。
携帯も圏外なので、外界から一切シャットダウンされた空間を満喫。
せっかくだから勉強するのもいいかもしれませんな。
午後は午後で、本当に間近でミニライブ
Kiso06

僚船とのすれ違いをみて、16時過ぎに仙台入港。
このほぼ1日海の上ってのが、たまらんわけです。

とおうわけで、名古屋→仙台のきそ、超お勧めです。
ちなみに、行こうと思えばいつで行けたのに、6月29、30日と旅行にいったのは
給料日後で、土日で、きそに乗船できる日、と云う事で行ってきました。このタイミングを待つのに3ヶ月かかったわ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

太平洋フェリー・いしかり

前日の京都行からの帰りは名古屋まで移動してフェリーで帰ってきた。
前回は旧・いしかり。今回は新造のニュー・いしかり。
さて、その違いはっ!

20110928_01
エントランスのエレベーター。展望になったのと、旧いしかりはちょいとばかりガッタン・エレベーターだったが、こっちはスムーズだった。l

20110928_02
特等室。前回は確かAかS寝台だったから、一気にアップグレード。いやもうホテルの一室ですな。いや、個室なら1等個室もあったのだが、せっかくだから特等にしてみた。
いやもう超・快適。
とはいえ、個室希望でコストパフォーマンス面からいえば1等(インサイド)の方がいいんだけどねぇ。

20110928_03
不満その1。
外に出れるのはこの7デッキが最大。旧・いしかりはさらにこの上のトップ・デッキまでいけたんだよおぉぉぉぉ(泣
そりゃまぁ、夜は一切照明無いし、風速40kmの風をモロに浴びるから危険だけどさ。でもあの開放感と夜空の美しさは良かったなぁ。残念。

20110928_04
不満その2
風呂。サウナ無くなった。きそにあった寝風呂もない。つまらん。

船内画像はもうありませんが、以下不満な事。

●ゲーセンから初代電車でGOが無くなった!スロットにパチにシューティング。これじゃ、もうゲーセンいらないと思う。ゲーセン置きたいなら、体感系ゲーム置いたほうがいいだろうに。

●シアターラウンジが船尾に移動したけど、これはちょっと失敗じゃないかなぁ。フラッと入ってフラッと出てくる気軽さが無くなったような気がする。


でもまぁ、焼きたてクロワッサンもやってたし、焼きたてメロンパンも追加になってたから、まぁいいか。
おまけ。
20110928_05
夕飯バイキング。これがスタート時点で、さらにステーキ2枚、プチケーキ3個、そば、その他いろいろ追加。
バイキングは量じゃなくて、多種多様なご飯を好きな量食べれる事の方が重要と考えますので、夕食バイキング2000円は妥当かと。

20110928_06
初めて食べた昼食バイキング。ぶっちゃけ冷製パスタはまずかった。
カレーは・・・・まぁねぇ、ツアーのお年寄りからトラックの運ちゃんまでカバーしなきゃいけないから、中庸な味になるのは仕方ないけどさ。ホット・スパイスかけれるようにしてくれねぇかなぁ。
ちなみに具材の肉は牛肉ゴロゴロなんで、そーゆー点では豪華です。

ともあれ、ニュー・いしかりのこれからの航海において幸多からんことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月30日 (金)

けいはん!!

今度は乗ってきたみた感想を徒然と。

●百聞は一見にしかず
写真はとっていないが、けいおん!以外にもトーマスやら日本昔話やらのラッピング電車も運行中。その中でもけいおん!ラッピング電車だけは派手というか、凄い。存在感が半端ない。webでその姿は見てましたけどね、実物見て、血が逆流しましたよ。ええ。

●決戦の5分間
別にオタ専用車両でもなんでもなく、地域住民の移動手段なわけであるので、お客さんが多数乗っている状態で車内の撮影はできん。また、停車時間も1分程度なので車両外観を撮る時間も、携帯で1枚撮る程度しかない。よって、撮影ポイントは折り返し駅の石山寺駅と坂本駅のみ!ここならお客さんも降りて誰もいなくなる時間がわずかにできるし。

●まて、これは京阪の罠だ
折り返し駅が撮影ポイントとなると、石山寺駅で外観を撮り、坂本駅で内装を撮る、といった具合でいやでも一回は乗り通すわけで。取残しがあったりすると、それこそ何往復も乗るわけで。そりゃ1日乗車券が売れるわ。

●最大の痛恨事
けいおん記念乗車券(B3二つ折り!3000円!)、限定7000セットで初日は行列が1000人近く並んだそうなので、もうあるまいと思ってスルー。帰ってきて調べらた、まだ売ってたっぽい。うぁぁぁぁぁぁ。よし、うちの近くにお住まいのあずにゃんハァハァな方を焚きつけて買いに行ってもらおうwww

●ベストな乗車時間帯
平日で通勤通学ラッシュが終わった8時半~9時半。この間は乗客も少なく撮影がしやすいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

けいはん!

自分の人生において、まさか京阪石山坂本線に乗る日が来ようとは。
京都に行ったのだから、ついでに乗ってきた。
すまん、今回は1回で済ますので画像多い。

Khan01
Khan02
Khan03
Khan04
・・・スゲー・・・。

ゆい
Khan05
Khan06
Khan07

むぎ
Khan08
Khan09

りっちゃん
Khan010
Khan011

みお
Khan012
Khan013

あずにゃん
Khan020
Khan021

車内その他
Khan014
Khan015
Khan016

一般広告一切無し。けいおん!ONLYのラッピング電車走らせるんだからすげーよなぁ。

Khan017
Khan018
これが街中ねり走っているわけで。凄い光景だわw

おまけ1
Khan019
路面区間。面白かった。

おまけ2。
ニコ動での拾いもの。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

安宅丸


東京都観光汽船の観光船『安宅丸』
ぶっちゃけ瀬戸内海で稼動していたものを持ってきたそうで、本物の将軍御座船安宅丸は似ても似つかぬものらしいが、外見はともかく、その約40分の観光コースが実にすごかった。
日の出桟橋から出て船の科学館までのコースなんだが、ここは東京湾の奥座敷。プレジャーボートからコンテナ船やら沿岸航路の小型貨物船までバンバン船が通るわけですよ。
でね、日の出桟橋を出て船の科学館を左手に進み、船の科学館前を通り過ぎてから、この航路のど真ん中で

180度ターン!!

デッキで見ていましたが、思わず『うおぉぉぉぉ!!!』と声出しちゃいましたよ。
交通激しい東京湾の航路のど真ん中で、しかも上空には羽田に降りる旅客機がバンバン飛んでいるなかの180度ターン。

はっきり言って、燃えます。
萌えますじゃなくて、燃えます。

船と飛行機が好きな方、水雷突撃にロマンを感じる方、特に『雷撃は漢の浪漫』と感じる方は是非どうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

北斗星

なんぼなんでも、今年乗ったものは今年中にうぷしておきたいので。
乗車日:2010/05/19
北斗星 上野発札幌行き

Hokutosei05
今は見れなくなったEF81-98号機

Hokutosei03
エンブレムはそろそろ綺麗にしてあげなよ。

Hokutosei01
推進で入線。これがいいんだよぉ。いかにも長距離を走りますって感じで。

Hokutosei02
部屋はロイヤル。

Hokutosei016
Hokutosei015
座席がこんな感じに、ベッドになる。ちなみにベッドが散らかっているのは翌朝だから。

Hokutosei06
ロイヤルの特権。ウェルカム・ドリンク。ワインは家に持ち帰り。でも飲もうとしたら、妹(上)に飲まれた。

Hokutosei018
シャワー室兼洗面所兼トイレ。
シャワーは10分までだが、もう1回ボタンを押せばまた10分使える。

Hokutosei014
最後尾、電源車にて。発車するまでぶらぶらしてたら見つけた。
そーだよなぁ、こいつ荷物車でもあるんだよなぁ。でも、車掌が抱えてもよくね?この量なら。

Hokutosei09
Hokutosei012
ちゃんとディナーコースも食べた。たしかに、webで評判の通り、『平目の湯葉包み蒸 バジルのムスリーヌ添え 青森産ニンニクのクリームソース』のソースは美味い!あと、パンも確かにおいしゅうございました。

で、以下感想。

●『鶯谷あたりから徐々に速度あげる車内で、車内放送を聞きながら、流れ行く景色をみつつ、長い旅に思いをはせる・・・』
なんつー事は無理です!リピーターならともかく、北斗星初乗車、それもロイヤル。
無理。絶対無理。もったのは鶯谷直前まで。鶯谷のホームのね、帰宅する皆様を見たあたりから、もう高笑いがおさまりません。ウェルカム・ドリンクのウィスキーはこの時のためにあるといっても過言ではないかと。
ええ、大宮までわざとホーム側窓にて、ゆ~っくりウィスキーを飲んでおりました。

●『揺れる』とは良く聞きますが、実際は普通の電車と変わらないかと。つまり、寝る事によって通常の立ったままの体感より揺れているように感じているだけかと。

●噂通り、ロイヤルのトイレは『怖い』。だって便座から便器底面まで浅く見えるんだもん。用を足してみて『あ、大丈夫なんだ』と解りましたが、アレは視覚的に怖い。

●ロイヤルのAV機器はいい加減更新しようよ。BGMが4ch、ビデオ放映が1つのみ。カシオペアではBSと位置情報がが入ったけど、後は同じ。例えば、電源車にサーバー置いて、数十本の映画を見れるようにする、とかラジオ受信できるようにするとか。カシオペア登場時に北斗星もAV機器更新すべきだったと思う。

●ロイヤルはシャワー付き。10分間だけだけど、もう1回ボタンを押せばまた10分。しかし!こまめに止めて使うとアラ不思議。5分程度で済んじゃう。だらだら浴びても8分程度。普段家でシャワーを浴びている時いかに水を無駄いいしているかよくわかった。

●食堂車で販売している北斗星クッキーはたしかに美味いです。

●カシオペアと北斗星両方に乗ったわけだが、列車の旅を満喫できるのは北斗星!リピーターが多いのも頷ける。カシオペアは『走るホテル』だから。北斗星ならB寝台もあるし(というか、B寝台の方が多い)安い。

●もう1回乗るなら北斗星かなぁ。また乗りたい。B寝ソロでいいから。


おまけ。
Hokutosei019
思わず買ってしまったもの。北斗星車内限定販売の懐中時計。スイカ不可。現金のみ!
高かった・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

SLさくらんぼ号

乗車日2010/6/12
左沢-山形
20100612_01
まずは山形駅で出発前を撮り鉄。

続いて寒河江で蕎麦を食うべく移動。
ついでに携帯で動画撮影。
「201006121151.3GP」をダウンロード

して、左沢へ。
駅前に露店が出ていてお祭りみたい。『煮込み』なるものと『鮎の塩焼き』があったが、当然『鮎』へGO!
日本人なら一日鮎一匹だぁ~(煮込みを食べなかったのは、何の煮込みか不明だったからだが、後で調べたら『牛もつの煮込み』だったらしい。しかも『そうとう美味』だったらしい。しまったぁ~)
鮎に満足して、出発まで撮影タイム。

20100612_04
20100612_05

キャブ
20100612_06
おお!生きているSLのキャブは凄いぜ!
・・・・・・・って、この加減弁のレバーと逆転機のネジ、ぜってー当時のものじゃねぇだろー。
これ削りだしで作った一品物じゃね?

旧型客車。
20100612_02
20100612_03
旧型客車に乗るなんぞ、小学校以来のような。。。。こんなに車内明るかったっけ?
サボなんて久々に見たわ。

20100612_07
で、乗ってみた感想。
石炭の煙って、独特のツンとくる匂いなのね。トンネルじゃ窓閉めても若干入ってくるし。
それと、
暑いから窓あける→顔をだす→何かが顔に当たる→あまつさえ目に入る
なんだこれはー・・・・灰だ!
SLの灰って、砂粒大の灰、っつーか、灰の塊。
上の画像とるのにも、そりゃ苦労しましたの。

煙いわ灰は当たるわ。
終戦直後は悪名高い常磐炭だし、30年代でも特急でもない限り、上質の石炭は使ってないわけだから、
そりゃ無煙化が進むわけだ。

ともあれ、いい経験ではありました。
そりゃ無煙化進むわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

太平洋フェリー

再び太平洋フェリーに乗ったわけだが、前回は仙台→苫小牧間の『きそ』、今回は名古屋→仙台間の『いしかり』
2隻乗ったわけなんで、比較しつつの徒然なぞ。

●『いしかり』の方が古いので、やはり若干くたびれ感あり。しかし、その分接客でカバー!と言わんばかりに、乗員の接客は素晴らしい。

●風呂はやはり新しい『きそ』の方に軍配があがりますなぁ。まぁどっちも広いけどね。

●名古屋→仙台間はマジお勧め。19時に名古屋出港。メシ食ってラウンジでショー見たり、映画見たり風呂入ったり。次の日は仙台入港16:30頃まで優雅な船旅!さぁ、これで船賃8,500円!!!(A寝台、ネット割引あり、メシ代除く)

●『いしかり』はプロムナード・デッキ以外にも一番上の屋上ともいうべきトップ・デッキにもいける。ブリッジよりも高いところではあるわけで、大変眺めよく素晴らしいのではあるが。。。。。

●トップ・デッキには一切照明無し!追い風の日ならともかく、夜間に『星がキレイだろうなぁ』と思いつつ上がると、20ktの風力をモロに浴びて、しかも照明がないもんだから、通風筒がどこかよくわからん。はっきりいってけっこう危険。日によっては夜間閉鎖した方がよくね?あ、日中でも風具合によっては『息できないほどの』風を浴びるので、小さな子供だと吹っ飛ばされる危険あり。保護者同伴必須。

●でも、トップ・デッキにあがれるのは嬉しいので、完全閉鎖はしないで欲しいなぁ。

●『いしかり』の売店は『きそ』よりもかなりでかい!

●名古屋→仙台間だと、午後2時ぐらいに軽食カウンターで船内で焼いた馬鹿でかいクロワッサンと小さいアップルパイ(それぞれ100円と150円)の販売ありまーす。超美味いです。おすすめです。

●軽食カウンターのコーヒーとアイス、美味いです。コーヒーが美味い船はいい船だ。

●『きそ』のB寝台は互い配置なので個室感があって大変よろしい。『いしかり』は古いので、個室感求めるならA寝台しかない。で、そのA寝台。TV付きはいいが、電源コンセントがないってどーゆーことだぁ!こればかりは改善希望!もっとも案内所脇に携帯用充電器ありますがね。

●船内シアターで映画やってますが(各部屋のTVでも視聴可能)、まずハズレ無しのチョイスっぽい。私が見たのは『きそ』でレッド・クリフ、『いしかり』でハッピー・フライト。仙台で下船したから見れなかったけど、その後はエヴァの序も上映予定だった。誰だセレクトしてんのw

●ディナー・バイキングは内容は正直『きそ』の方がよかったなぁ。まぁどっちも美味かったけど。

●『いしかり』船内のゲーセンに初代『電車でGO』あり。危険です。お金がなくなります。ええ、久々に東海道線運転しました。1500円は使ったかと。

●『いりかり』の方が、女性乗務員が可愛い!!これ、一番重要。もう一回乗ろうwww

以上、どーでもいい徒然でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)