お菓子作り

2012年8月27日 (月)

メロンのレアチーズケーキ

Dsc_0056
グラハムクッキー100gぐらいをすり鉢でこれでもかというくらいにすって粉にして、溶かしたバター40gを入れて混ぜる。

Dsc_0057
型の底に敷く。硬いスプーンでぐいぐい押して固める事。後は冷蔵庫で8時間は寝かせる。

Dsc_0064
クリームチーズ200gぐらいに、砂糖50g、生クリーム100cc、プレーンのヨーグルト大さじ2~4ぐらい入れて混ぜる。

Dsc_0065
牛乳100cc水100cc、熱してゼラチン入れて冷ます。

Dsc_0066
混ぜて型に流す。冷蔵庫で冷ます。

Dsc_0067
水150cc、白ワイン50cc、グラニュー糖適当、ゼラチン適当にぶち込んで、白ワインのゼリー液を作る。

Dsc_0068
冷蔵庫で冷やしたチーズケーキの上にカットしたメロンとゼリーを流し込む。この時ゆっくり流し込むこと。でないと濁ります。

Dsc_0071
Dsc_0072
できあがり♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

イチゴみるくババロア?

最近お菓子作ってなかったので、イチゴみるくババロアを作ったら
ゼラチンが足らなくてフルーチェみたいになったでござるの巻。

レシピは
ここ。
追加でレモン1/3絞って入れてみた。


お友達にあげたら、美味しかったそうで、まぁ何より。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

生キャラメル

実は昨年末、友人から誕生日プレゼントで
『生キャラメルポット+』
なるものを貰っていたり。
で、そのお友達のお誕生会があったので、答礼として作ってみたり。

20110304_01
一応これ『玩具』らしいが、対象年齢は15歳以上。むしろ『調理器具』扱いの方が適切ではなかろうか?

20110304_02
容器に生クリーム50cc+牛乳50cc+ザラメ20gを入れる(付属の計量カップすりきりでザラメ20gとのことなので便利)

20110304_03
で、電子レンジに入れて500W~600Wで2分間チン(今回は最初なので慎重に500Wで)。

20110304_04
終わったら、このつまみを10回回して撹拌。その後3分間チンしてまた10回撹拌。最後は1分間チン。

20110304_05
で、この状態。説明書によれば加熱不足の状態らすぃ。ここからは30秒づつチンして調整。

20110304_06
こんな感じでドロドロになればOK、とある。

20110304_07
で、付属の型に入れて冷凍庫に1時間。

20110304_08
型抜きで打ち出して完成!

で、お味は?


おお、生キャラメルだ。
しかし・・・・激アマ!
レシピのザラメ20gは多いなぁ。
でも、生キャラメルが簡単に出来るのでこれは楽しいです。

おまけ。
調子に乗って『量産じゃあ!』と材料2倍に増やしたら時間は3倍かかりました。
電子レンジで加熱する特製上、大量生産は不向きのようです。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月28日 (日)

さくらんぼゼリー

レシピ:90ccのプリンカップで14個分ぐらい
・水:6カップ
・砂糖:240g
・レモン汁:大さじ2~3
・ゼラチン:15~20g
・ミントの葉っぱ
あとさくらんぼ(缶詰のじゃないぞー)

1:水6カップに砂糖240ccを入れて一煮立ち。
2:レモン汁入れる
3:ゼラチン入れて、荒熱をとる
4:さくらんぼは種をとっておく
5:カップにさくらんぼ入れて、ゼリー液をカップ半分まで入れて、冷蔵庫で冷やす
6:固まったら、またさくらんぼを入れて、ゼリー液を入れて、冷蔵庫で冷やす
7:固まったら、表面にミントの葉っぱのせておしまい。

Sbca20090622_13

Sbca20090622_12

作り方はとてーも簡単な上に、美味しくて見た目もきれいで、おすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

イチゴ・ババロアのスポンジケーキ

今回はババロアとスポンジのミックスだっ!
まずスポンジは以前のこれ見れ。
変更点は
・当然ココアなし。薄力粉は55g
・溶かしバター20g追加
で、できたのがこれ。
Sbca20090523_01
ふふふ~ん♪
何もない私でも、このスポンジは自慢だw

はい、次はババロア。
以前のこれ見れ。
変更点は
・卵黄2個追加。

で、どうするか?
挟むんだよ、ケーキ屋さんで売ってるケーキみたいにさ。
まず、スポンジを半分にカットして、クッキング・シートで囲みます。
で、お皿とかトレーに載せます。
Sbca20090523_02

そしたら、ババロア液を入れます。全部いれるなよー。
入れたら絶対漏れてくると思いますが、気にしない。そのまま冷蔵庫で冷やします。そーすると冷えて固まって、ケーキとクッキング・シートの隙間が埋まります。そしたら残りのババロア液を入れて、カットしたスポンジ載せて、また冷蔵庫で冷やします。
Sbca20090523_03
こうして書くと簡単そうだけどねー、試行錯誤しながら作ったんよ。大変だったんだから。
プロはどーやってキレイにババロア挟んでるのかねー?

さて、冷えたら冷蔵庫から出して、あとは生クリーム塗ったくってカットしておしまい。
Sbca20090523_04
Sbca20090523_05

なんかババロアが上に偏ってるのかは、毎回正確に切れないからです。
ババロアの層が薄いのは『そうか、固めて隙間埋めてから、また流し込めばいいじゃん』に気が付いた時にはすでにババロア液の量が少なくなっていたからです。

みんなー、試行錯誤って大事よー。

あ、味ですか?
試食しましたけどね。
はっはっはっは。
自分で言うのもなんだが、ちょーうめぇ。

俺の勝ち!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

ベイクドチーズケーキ

この前作ったチーズケーキ。
ごめ、今回写真撮り忘れ。

□■□■□■□■□■□■
材料
フィラデルフィアのクリーム・チーズ1箱(250g)
バター:70g
砂糖:60g
卵黄:SかMなら4個、Lなら3個
レモン:1/2
生クリーム:100cc
牛乳:100cc
小麦粉:30g
---------------
以下メレンゲ
卵白:SかMなら4個、Lなら3個
砂糖:20g
□■□■□■□■□■□■

1:クリームチーズとバターは室温に戻して柔らかくしてから、砂糖を入れてひたすらまぜる。
2:卵黄と生クリームと牛乳いれてさらに混ぜる。
3:レモン汁1/2個分入れて混ぜる
4:薄力粉入れて混ぜる。
5:メレンゲ作る。
6:4に5を入れて、やっぱり混ぜる。
7:型に入れて、150度のオーブンで1時間焼く。天板には水を張って蒸し焼きみたいにすること。

美味しいよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

苺みるくババロア2

前回、御人的に納得いかなかったのでリベンジ。
今回はレシピはオリジナル。
ま、カンともいうがな。
□■□■□■□■□■□■□■
材料:プリンカップ12~4個分

いちご(スーパーの特売おつとめ品)2パック=650g(ヘタ取って600g)
生クリーム:200cc
砂糖:100g
牛乳:150cc
ゼラチン:10g

※デコレーション用いちご・生クリームの分量はは入ってません
□■□■□■□■□■□■□■

1:まず、
Sbca20090322_1
いちごはヘタを取って洗います。

2:で、ミキサーでガーッした後は
Sbca20090322_2
濾します。
前回のあのもさっとした原因は絶対これ。濾さないとだめですわ。

3:んで、前回は甘さがやや足らない感じだったので、砂糖は一気に増量。100g投入。景気づけだ、パーッと入れたれ。
そして鍋に牛乳150cc入れて、そこにいちごさんどーんっ。
Sbca20090322_3
火にかけて、沸騰したら火を止めます。熱いうちにゼラチン入れて溶かしておくのを忘れるな~。

4:いちごさんを冷ますためほっといて、生クリームを硬くホイップします。
Sbca20090322_4

5:ホイップしたところに、すっかりぬるくなったいちごさんどーんっ!
Sbca20090322_5
あとはよ~っくかきまぜて、カップに入れて、冷やしたらデコレーションして終了。

6:できあがり
Sbca20090322_6

で、お味は・・・・
これだよー、ババロアっつたら、この滑らかさじゃんよー。
ふふふ~、あ~甘くてふわふわいい感じ。
やっぱ濾さないとだめだねぇ。
つか、前回の作り方の方が変だと思う。
お師匠様からもお褒めのお言葉をいただきました。
さて、次はなにつくろうかなぁ。

追記:気合い入れて高級いちごなんかつかうと、糖分多くてかえって大変かと。そーゆーときはレモン汁ちょびっと入れるといいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

苺みるくババロア

さてさて、3/11に餃子100個焼ききった後は、毎月のお菓子作り。
今回はこれ。

Cpicon 簡単♡苺みるくババロア by なお★nao

見るからにんまそう!
目標は最低16個最大20個。
Sbca20090311_1_2

さあ、れっつばばろあ。
レシピはリンク先ご覧下さい。

1:まずイチゴをミキサーでガーッする。
Sbca20090311_2

2:牛乳にグラニュー糖入れて、沸騰したら火を止めて、ガーッしたイチゴとゼラチンを入れる。
Sbca20090311_3

3:ボウルに移して、生クリームを入れて、氷水に当ててまぜる。
Sbca20090311_4

4:冷めてきたら器に入れて、冷やす
Sbca20090311_5
Sbca20090311_6

・・・元レシピって4個分の分量だよねぇ?
なんで20個以上とれんの?

5:冷やして固まったら、イチゴと生クリームでデコレーション。
Sbca20090311_7


んで、感想を。
個人的にイマイチ。
味はいいんだけど、食感がなんかこう、滑らかさがないというか。もっさりした印象。
一応皆さんからは美味しいとの評価と、お師匠様からは『いちごみるくぷりん美味しい』とお褒めの言葉もいただく。
ん~、でもねぇ。
個人的になんかねぇ。
濾さなかったのが原因がねぇ。
そんなわけで、近くリベンジするかもしれません。

【2009/03/22追記】リベンジしました。こっちの方が好き。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

チョコケーキ

はーはっはっは。
今回はすげぇーぞー。なにせ『復讐のバレンタイン』と銘打って気合い入ってますから。
はっきり言って今回は凄い。
完っ璧に作ると宣言した以上、完璧に作りました。
さぁ、ここでいう完璧とは?
そう、フカフカのスポンジ!
素人が作ると必ず『硬くなる』スポンジをフカフカに!!
売りもんかと思わんばかりのフカフカ!!!
今回の生地はマジ必見!!!!

まず、材料(20cm×9cmパウンド型1個分)
・生地
  製菓用薄力粉:35g~45g
  ココア:20g
  卵(Lサイズ):3個
  三温糖:70g

・カルメラソース
  グラニュー糖:大さじ2
  水:大さじ1

・ガナッシュクリーム
  ビターチョコ:20g
  生クリーム:100cc
  ラム酒:小さじ1

・生チョコ
  ビターチョコ:適当
  生クリーム:適当

・飾り
  チョコスティック
  金箔

生チョコのレシピが適当なのは、案の定、作業が夜中になり、朦朧としていたので適当に作っていたからです。
薄力粉があいまいなのは後述します。
なお、今回はミキサー必須!

1:まずは粉をふるいましょう。
Vfsh20080213_1
粉類はちゃんと計って

Vfsh20080213_2
2回ふるいます。そしたら

Vfsh20080213_3
ビニール袋に入れてシャカシャカ振るいます。この中にマッチ入れたら粉塵爆発するなーというくらい振るって空気をよ~っく含ませます。1曲歌いながらシャカシャカ振るうとよいでしょう。
せか~いでいちばんおひめさ~ま~♪

2:卵を泡立てます
卵3個をボウルにあけて、三温糖と一緒にミキサーでまぜまぜします。このとき、ボウルは絶対油分や水分無いのを確認する事!
ホケ~っとハンド・ミキサーでまぜていると、段々膨らんできてクリーム状になります。
Vfsh20080213_4
これはあともうちょっとの段階。ま、これでもいいかと思うが。
いわゆる『生地をすくって落とすと、ひらひらとリボン状に落ちる』まで泡立てます。それ以上やると焼いた時しぼむぞー。

3:粉をまぜます
今回最大のポイント。
粉類の混ぜ方はレシピ本やwebでは必ず『さっくり切るようにまぜる。混ぜ込んではダメ』とあるはずです。
そして皆さんが失敗するポイントもここだと思います。
いわゆる、焼いたら生地が硬くなる問題の原因がコレ。
で、だな。ちぃ~っとバカシ考えてみよう。
そもそも『切るようにまぜる』とはなんぞ。
いや、気泡を潰さないようにというのはわかるんだが、でも結局はまぜるんだよなぁ。
それに、プロはどーやってるのか?ましてや工場は?
個人の店なら切るようにでいいのかもしれんが、ケーキ何百個も焼く工場はどうだ?
イチイチ切るようにまぜてるとは思えん。それでは量産できない。
絶対、ミキサー系で混ぜてるはず。
ならば!
Vfsh20080214_5
そう、粉類をハンドミキサーで混ぜ込みます。
粉を5~7回に分けて、またミキサーは固定ではなく、前後左右上下にグリグリと動かしてまぜこみます。
そして、ある程度の量の粉を入れると、それまでボウル一杯に膨らんでいた生地が3cmばかりしょぼーんとしぼんでいくので、そこから1分ばかりまぜてストップ!
注意しないといけないのは
A:粉全部入れてもしぼまない
B:3cmほどしぼんでからも、粉入れてもっとしぼんだ
の2パターン。
まずA。粉が足らない状態です。そのまま焼いてもしぼむだけなので、ふるいを持ってきて薄力粉を小さじ1杯づつふるって粉を足します。レシピに『製菓用薄力粉:35g~45g』書いたのはこのためです。計量機だって誤差あるもの。
続いてB。これは粉入れすぎ。ヘラで混ぜ込んだのと変わりません。最初の3cmばかりしぼんだら、粉が余っていても投入はストップです。

そしてクッキングシートを敷いた型に入れますが、ヘラでこそいで入れる必要はありません。だーっとボウルからあけて、一通り型に入ったらそれでストップ。
20cm×9cmパウンド型の底から3/2まで生地で埋まるようになるはずです。

4:焼きます
オーブンの温度が上がる前に、型に生地を入れてから2回、オーブンに入れる直前に2回、それぞれ5cmぐらいの高さから落として気泡を抜きます。
それから170℃のオーブンで35分。
焼きあがったら、すぐ硬い物の上5~10cm上から2回落として、直ぐに生地を型から出して冷まします。でないとしぼみますから。出すときは端っこ欠けたとか気にしないようーに。
Vfsh20080213_6
こんな感じになりました。
指で押すと
Vfsh20090213_8
・・・
・・・・
・・・・・・
はーっはっはっは!どーでぇ、どんなもんでぃ!
この勝負、もらったぁぁぁぁ。
だってフカフカのスポンジ出来りゃあ後はどーでもなるもの。
とゆーわけでしゅーりょー。
・・・というわけにもいかないので、次は

5:シロップを作ります。
生地に直接生クリームを塗る前に、生地のクリームを塗る面にシロップを塗っておきます。今回はチョコケーキなので、カラメルソースにしてみますた。
小さい鍋にグラニュー糖と水入れて、ひたすら煮ます。色がついたら火を落として、熱湯60ccを入れてやります。
Vfsh20090213_7


6:生クリーム塗ったくります。
チョコを湯せんにかけて溶かしてから、暖めた生クリームを入れて、今度は氷で冷ましながら、ラム酒を入れてまぜます。固めでたててください。
で、生地の端を落として、半分に切って、それぞれの面にカルメラソース塗って、生クリーム塗ったくります。
Vfsh20090213_11
そいで、6等分ぐらいに、長方形に切り分けます。

7:生チョコでコーティング
再びチョコを湯せんにかけて溶かして、今度は生クリームを温めずにすこーしづづ加えて生チョコを作ります。
で、それをケーキ表面に塗ります。
Vfsh20090213_12


8;飾りつけ
いったんケーキを涼しいところに置いて表面の生チョコを固めてから、ケーキの周りにフィルムを巻きます。フィルムは業務用食品販売会社で売ってます。仙台にはサトー商会ちう卸売問屋がスーパーやってるんで、ここだと簡単に業務用が手に入るのよ。
で、あまったガナッシュクリームを絞り、チョコスティックと金箔載せて完成!
Vfsh20090213_13

え~今回のメインはやはりスポンジっすな。
このやり方は本当に楽でフカフカになるんでお勧めです。
ただーし。
スポンジ作りは元々難しいものなので、コレ読んで一発で出来るとは思わないほうがいいです。
はかりの誤差やオーブンの状態、色々な条件に左右されますんで。
まずは何回か試作してから本番に挑んでくださいませ。
でも、切ってまぜるやり方よりは楽だぞ、これ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

パウンドケーキ

今回は先日作ったパウンドケーキ。
まず、ドライフルーツをブランデーに浸して一晩漬けておきます。
Vfsh20090203_2

で、翌日。
まずカルメラソースを作ります。
・砂糖(グラニュー糖)大さじ2
・水大さじ1
これをなべに入れて、決してゆすらずに、ガンガン火にくべてください。しばらくするとこげて茶色になってきます。
そしたら
・熱湯(90度以上!)60ccを入れて、火からおろしてゆすってやります。
Vfsh20090203_1
後は冷ますだけ。
なんで熱湯かというと、この時の鍋って170度以上よ?水ぶち込んだら鍋割れるわい。

次に生地作りまーす。
常温にしたバター(無塩)180gに三温糖100gを三回に分けて加え、ひたすらすりまぜます。
そしたら溶いた卵2.5個を、やはり3回に分けてよく練ります。
Vfsh20090203_3
そして冷ましたカルメラソース大さじ3を入れ、
しっとり感じをだしたいので牛乳70ccを入れ、
んでもって振るった粉(薄力粉180g、ベーキングパウダー小さじ1)をやっぱり3回に分けて入れ、切るようにさっくりまぜます。
最後はドライフルーツ入れて
Vfsh20090203_4

型に入れて
Vfsh20090203_5

180度のオーブンに入れて焼いておしまい。
そんでね。。。。


ごめん、画像取り忘れた。
一応
Vfsh20090203_6
こんな感じにはなるんですよ。
冷蔵庫で2~3日置いてから食べると美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)