入船山記念館

2012年6月18日 (月)

入船山記念館その2

はい、本命の
20120127_08
旧呉鎮守府司令長官官舎。
洋館部と和館部の2つで構成されており、和館部は
20120127_24
こんな感じであまり面白いもんではない。

20120127_09
入口はこの和館部から入り

20120127_10
廊下を渡ると

20120127_11
応接室

20120127_12
うゎ、まんま英國。

20120127_13
当時から残っている藤張りの椅子。19世紀後半の、ロンドンの家具店のカタログにもこれが出ているそうな。

そしてさらに進むと
20120127_14
客室。
うぁぁぁぁぁぁぁまさに英國魂炸裂。
脳汁出まくり。
構図を絞ってもういっちょ。
20120127_15
メイド、これでメイドさん(もちろんヴィクトリア調)さえいればっ!

20120127_16
こちらは食堂。
で、どんなもの食べていたのかというと、
20120127_17
ソモンと西洋野菜のテリーヌ

20120127_18
アスペラガース・スープ

20120127_19
ボイルドフィッシュ

20120127_20
シチュードチッキン

20120127_21
ローストビーフ

20120127_22
レモン・アイスクリーム

20120127_23
タピオカプリン黒豆添え

以上、昭和5年9月1日、装甲巡洋艦『出雲』の艦上で行われた午餐会のメニューより
・・・美味しそうだけど、デザート2種類はいらないんじゃw

以上、入船山記念館の回終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

入船山記念館その1

大和ミュージアム・てつのくじら館を見学した翌日は入船山記念館へ。

20120127_01
坂の上の雲のロケでも使われたところで、朝一で行ったもんだから誰もいなくて超快適。
あちこちに歴史的なものや、鹵獲品の砲身がゴロゴロしておった。

20120127_02
20120127_03
20120127_04
東郷さんが参謀長として呉に赴任していた時の家の『離れ』をわざわざここに移築したもの。
ぶっちゃけ、ただの離れであってあんまり面白いものではない。

20120127_05
海軍工廠塔時計。かなり貴重なものであるそうな。動くようにすればいいのに。

20120127_06
入り口前にある番兵塔
入ってみたが、昔の日本人は本当に小さかったんだな、と実感。ちなみに足元の石は、昼夜を問わず四六時中立っていたため磨り減っている。

20120127_07
旧火薬庫等で展示をしているのだが、あんまり興味を惹かれるもんはなかった。
唯一写真を撮ったのがこれ。大戦末期の物資不足により、本土決戦に備えて作られた陶器の手榴弾。存在は知ってたが実物は初めて見た。といってもそれほどレアなものではなく、大量に作ったもんだからヤフオクなんかでたまに出品されていたり。
どうも製造元が違うと形状が異なるようで、これを収集しているコレクターも存在する。
鉄オタと並び、ミリタリー趣味も無茶苦茶奥が深いのだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)