書籍・雑誌

2016年6月 2日 (木)

帰ってきたヒトラー



本屋の棚にあったので、帯に「ヒトラーが現代にタイムスリップ」とあったので即購入。
おそらくコメディ系だろうな、と思ったら大外れ。

「1945年4月30日自殺したヒトラーが現代にタイムスリップ」ということで、文章はヒトラー目線で進んでいきます。
末期のヒトラーは支離滅裂な命令を下したり、かなり精神的に参っていたのですが、本書のヒトラーはものすごく洞察力が鋭くタイムスリップ物というより
「1935~1942年頃のヒトラーを現代ドイツに放り込んだらどうなるか?」
どいう上質なSF、または思考実験と感じました(もちろんコメディ要素はある)。
で、その結果は?
誰も彼を止めることができない、という面白い結果に。

まず、ヒトラーは死んだはずなので、突然現れたヒトラーは「そっくりな芸人さん」扱い。
もちろん本人は絶頂期を彷彿とさせる、無茶苦茶際どい移民や国境問題の演説をします。当然批判する者も現れますが「そっくりさんがそっくりなネタを披露してるだけ」ということで止めようがありません。
それでいてそのネタは(当然ですが)思いっきり人心を捉えます。
ユダヤ人問題についても真正面から受け止めます。
「私が責任者だ文句あっか」と。
ヒトラーにそっくりな芸人さんが「ユダヤ人問題の責任は自分にある」と発言したところで責任追及できるわけでもなし。だって「そっくりさん」だもの。
そしてユダヤ人問題は奇妙な意識のすれ違いから、問題にならなくなります

周囲→ユダヤ人ネタはとてもデリケートだからネタにできない
本人→ユダヤ人の陰謀は恐ろしいのだ。お笑いのネタにできるモノではないだ

かくてヒトラーは一番の難関を乗り越え、政治の世界へ・・・。

文章は可能な限りヒトラーの思考・思想をシミュレートしており、いわば土台がしっかりしているわけで、それゆに「上質なSF、または思考実験」に仕上がってます。
上下巻ですが、そんなに厚いわけでもなく気軽に読めますので、是非とも一読をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2016年3月24日 (木)

火星の人

先日観たオデッセイが面白かったので原作購入。
これが大変に面白い。
一応カテゴリ的にはハードSFなのだが、これほど面白いとは。
久々に一気読みしました。

映画が「火星版DASH村」
とすれば
原作は「やる夫が火星で生活するようです」
作者も凄いが訳した人は天才ではなかろうか。
ハードSFで爆笑できるとは思いませんでしたわ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

カゲロウデイズ5巻読了

ネタバレ含みます。


















サブタイトルがthe deceivingであるからしてカノ本なわけですが、最後のほうを読んで思った。
サブタイトルは
Return of the TAKANE
にすべきやっ!
貴音が戻ってきた~
閃光の舞エネ様がご帰還なされた~
・・・あれ、エネじゃなく貴音になったら、なんか能力あるんだろうか・・・・
という話は置いといて。

そーかーアヤノの代わりに通学してたのかー>カノ
それも、描写からして1日2日じゃないよねぇ、あれ。
その間もちろん体育の授業とかあったんだよねぇ。

カノ、俺と代われ

なんてうらやましい。
・・・
あ、そういえばメカクシ団の活動内容でカノが
「警察の目を盗んでヤバイ施設に入ったり云々~」
えー、よからぬ映像を撮って売りさばいてるんではなかろうね、カノ君。

あと、あとがきで気になる一文が。
新ストーリーだそうです。アニメ。
マジっすか。
大丈夫か~大丈夫なんか~
不安だわ・・・。




まぁ、ただの『法螺話』だからさ
それじゃあ今日はこの辺で
次に合図が鳴った時は
もっと不思議な咄をするよ


お後がよろしいようで。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

英国の帆船軍艦

ようやく読了。
恐ろしくマニアックな本。興味がない人にとっては睡眠導入剤としてうってつけ。
それくらいマニアック。
18世紀の英国戦列艦(74門艦)の建造を材料集め、というかオークの植林の話から艤装までを当時のイラストを使いつつ解説するというとても濃い内容。
専門用語のオンパレード。例えば

「スターンソン・ニーは、インナースターンポスト、トランサム、デッドウッドの上面と取り合い、キールソンにスカーフさせる」

・・・
わかるか!w
とりあえず、18世紀の戦列艦を建造するというのはとても面倒でとんでもない労力と金がかかるのだな、と。
あと使用する木材の量がはんぱない。
そりゃぁ賞金出してまで捕獲させた方がいいわなぁ。
あと、当時は木材が戦略物資扱いなんだなぁ、と
よっくと理解できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

核時計零時1分前

軍事板常見問題&良レス回収機構の書評で知って、思わず密林さんで即購入。
うん。¥3,255は酒の力がないとクリックできんなw
だがしかし。
書評で読んだ通りの、素晴らしいというか、いわゆる『当たり』でした、この本は。
1962年10月27日、偶然全面核戦争になりえたし、なる確立の方が高かった。ならなかったのは偶然にすぎない、といった感じですかねぇ。
当時の核弾頭は厳密な安全装置(暗証番号入力しないと発火しない、とか等)なしでね。誰でも勝手に撃つことができました、

アメリカ
キューバに核はあるかも。でもあってもスカッドだしへーきへーき

実際:MRBMにも核装着済み。核爆弾に核弾頭の巡航ミサイルも配置済み。特に巡航ミサイルはグアンタナモに標的を定めて、配置についていた。

ソ連
うーん、あともうちょっとで作戦完了だったのに。まぁ、後は交渉で色々引き出すかぁ。戦争はやだしね。あ、核弾頭積んだ貨物船はさっさと戻ってこーい。あと一応モスクワから命令無い限り核は撃つなよ。

実際:偵察機がウザイので、ゲバラとキューバ駐留ソ連軍とで組んで、U2撃墜。低空偵察のRF-8に対してはキューバが勝手に対空砲火ぶっ放してた。こと偵察機にとって、キューバ上空は戦争状態だった。
また、アメリカ海軍が『爆雷使ったらマジでシャレにならんので、演習用の音響弾使うから、そっちも伝達しておいてね』と連絡が来てたのに無視。結果、あるディーゼル潜の艦長はもうだめぽとばかりに錯乱して核魚雷ぶっ放すところだった。撃たなかったのは核弾頭を管理する士官が『もちつけ』と押さえたから。

あっはっは。
エスカレーションと簡単に言いますが、キューバ危機が危機で終わったのが人間のコントロールの結果ではなく、偶然に過ぎなかった、というのがよくわかります。
フルシチョフがミサイル撤去を決断したのも、従来の説ではなく、KGBの情報で『ケネディがTV演説するらしい→この時点で演説って、キューバ侵攻しかねぇよな→核戦争になるじゃん』というのが真相だったり。
そのKGBはKGBで情報集めろとせっつかれ、政権内部にコネがありそうなアメリカ人ジャーナリストに接近して、情報聞き出すテクニックとして『侵攻しない宣言で手打ちでよくね?そこんとこどう?聞いてみて』と伝えたら、ホワイトハウスは『なにこれ秘密交渉?』と勘違いして混乱の元になったり、ジャーナリスト同士の会話を上に上げていく段階で、次第に『アメリカはキューバ侵攻を決意』の重大情報に化けていったり。
どうもみても詰みです。本当にあり(ry
詰みにならなかったのは、ケネディとフルシチョフが指導者だったから助かった、他の人間だったらまずアウトだった、と述べられてますが、これには同意。
フルシチョフはスターリングラードやハリコフの最前線で戦争を経験してますし(よく考えると得るとスターリングラード戦とハリコフ戦の、それも前線経験者の国家指導者ってすげぇな)、ケネディも魚雷艇指揮官として戦争体験があります。二人ともいわゆる兵士として戦火をくぐっているわけで、その経験が危機回避に繋がったというのは頷けるものがあります。

あとがき入れて600ページ超ですが、著者は『THE LONGEST DAY』のように書きたかったそうで、そのため大変読みやすく出来ています。

余談。
キューバ人が駐留ソ連軍を見て一言
『どこをどうみても貧乏だった』
よっぽど酷い服装だったそうですが、それはそれで見たいとおもったりw


| | コメント (0) | トラックバック (0)